エアコンクリーニングでカビを除去!!沖縄県那覇市でのお掃除ならおそうじ本補おもろまち店へ‼





知らないと怖いカビでの影響とは?

アレルギー性鼻炎

鼻の粘膜に異物がつくと、それを排除するために、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が出ます。花粉症が広く知られていますが、カビも同様です。

夏型過敏性肺炎

アレルギーが原因で発症する肺炎のひとつを「過敏性肺炎」といい、特に夏に見られるのが「夏型過敏性肺炎」です。症状は咳、発熱、倦怠感などで、診察を受けても風邪と間違われやすいことが難点。エアコン内部で増殖したカビが原因になることも多いので、注意しましょう。

気管支肺アスペルギルス症

アスペルギルスというカビが体内に入って肺で増殖し、呼吸を妨げるのが「気管支肺アスペルギルス症」です。免疫力が低下していたり、アスペルギルスにアレルギーがあったりすると発症しやすく、咳や痰、息切れ、微熱といった喘息と同じような症状が出ます。

水虫

水虫は、おもに足の指に白癬菌(はくせんきん)というカビが取りつき、強烈なかゆみなどを引き起こす疾患です。足に多いのは、靴をはくと蒸れやすくなるため。爪に増殖した「爪水虫」は、難治性といわれています。

シックビル・シックハウス症候群

建材や家具に含まれる化学物質、建材や家具に発生したカビなど、ビルや住宅で見られる健康被害を総称して「シックビル症候群」または「シックハウス症候群」といいます。主な症状は、倦怠感や頭痛、めまいなどです。








例:カビが発生したエアコンの写真

s-S__677724621
作業前 エアコン内部全体画像
S__67772467
作業前 エアコン内部ファン画像
s-5886
作業中 エアコン高圧洗浄画像
s-S__67772468
作業後 エアコン内部ファン画像
s-5890
作業後 エアコン内部全体画像





カビの予防施策

健康被害に遭わないためにも、カビが生えないように予防をしていきましょう。具体的な方法には、次のようなものがあります。

定期的な掃除、換気、除湿

こまめに掃除をして、カビの栄養となるホコリや汚れを取り除きましょう。また、湿気対策として換気を行うことが大切です。浴室や台所では換気扇を回し、室内も定期的に窓を開けると効果的。除湿機や除湿剤も役立ちます。

結露を拭き取る

冬になると窓に結露が発生しやすくなりますので、気づいたらすぐに拭き取ります。結露をそのままにしておくと、カーテンや壁紙にカビが生える原因となってしまうことも。結露がひどい場合は、結露を吸い取るテープなど市販されているグッズを利用するとよいでしょう。

内窓、二重窓を設置

結露がひどい場合には、窓に内窓をつけたり二重窓にリフォームする方法があります。遮熱効果や防音など様々な利点がある内窓・二重窓ですが、結露防止によるカビ予防にも効果的です。


 エアコンクリーニング

エアコン内部の埃や水分がカビの温床になるため、起動時に内部のカビ胞子が室内に充満するため定期的なクリーニングが必要です。

*ただしエアコン洗浄は市販の洗浄剤で洗浄後に発火現象を引き起こす可能性がある。







カビが発生してしまったら?

カビが発生したときには、早めに対処することが大切です。自分で対処する場合は、市販のカビ取り剤を使い、しっかりとカビを除去します。カビの発生範囲が広範囲だったり、自分で対処しにくい場所だったりした場合は、ハウスクリーニング業者に依頼するとよいでしょう。

カビは、壁やカーテンを汚すだけではありません。胞子を空気中にまき散らし、健康被害をもたらす可能性がありますので、カビが発生しないように、こまめな掃除や除湿が必要ですが、内窓・二重窓リフォームで結露対策を行い、カビが好む湿気をためない工夫も有効です。




                    詳しくは
こちら!!
ページトップへ戻る